子宮頸がん

| コメント(0)

子宮頸がん(しきゅうけいがん)という病気は、子宮頸部といわれる子宮の出口から発生する悪性の腫瘍(がん)です。

子宮頸がんの原因は、ほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染からです。このHPVは、約80%の成人女性が生きているうちに1回は、感染しているといわれているほどありふれたウイルスでもあります。

この、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる他の疾患には、尖圭コンジローマなどがありますが、ガンがウイルスから創られるというのは、近年では医学的な大発見といわれているようです。

子宮頸がんは、女性なら誰でも患う可能性のある病気です。特に20代から30代の女性に多く見られますが、近年では若い女性の発症率も増加傾向にあり、女性に見られるすべてのがんの中でも乳がんに次いで2位となっています。

発がん性ウイルスのHPVが感染する原因は、HPVウイルスが皮膚と粘膜が接触することによって感染するウイルスということもあり、そのほとんどが性行為によるものといわれています。

子宮頸がんの症状は、初期の段階ではこれといった自覚症状がほとんどみられませんが、がんが進行していくにつれ、子宮筋腫の症状などでみられる不正出血などの症状がおこる場合もあります。

siqu-keigan01.jpg

子宮頸がんの治療法は一般に、手術療法、放射線治療、化学療法がありますが、がんの進行具合や症状をはじめ、部位、合併症があるかなどを元に、治療法を決めていきます。

進行した子宮頸がんの治療については、いくつかの治療法を組み合わせて行うようになります。なお、ガンが初期の段階であれば、妊娠を希望することも可能です。

子宮頸がんは、原因がはっきりしていることもあり、予防が可能ながんともいえます。定期的な検診を行うことによって、がんが発症する前の段階で治療を行い、未然に防ぐこともできます。

また、現在は子宮頸がん予防ワクチンがあるため、発がん性HPVの感染から長期にわたって体を守ることができます。年に一度は、子宮癌検査を進んで受診するようにしましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、kumasanが2012年9月20日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子宮頸管ポリープ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。